スペアナMS8609A


はじめに

オクでMS8609Aを入手。
MT8801もスペアナとして使えるのですが、RBW≧300Hzであること、10MHz以下でノイズフロアが上がる(Band0)のが玉に瑕です。
MS8609Aも、MT8801と同じく定価で500万以上したようですが、オクでは数十分の一で中古が購入できます。
とは言ってもジャンクとしては高価な部類に入るため、多少のリスクはあります。
このような測定器は時として、機材総入れ替え等で業者さんから同じものが何台も出てきます。
落札価格は結構安定していました。

最大のポイントはOPT04狭帯域有無かと思います。
この機種はローカルCNが結構いいので、RBW300Hzはちょっともったいないです。
これの有無で落札価格が二分されます。 皆さん見るところ見ていますね。

OPT04:デジタル分解能帯域(RBW≧10Hz、OPT02のFFTがあるとRBW=1Hzまでいけます)
OPT05:ルビジウム基準
OPT08:プリアンプは意識していなかったのですが、ANTをつけて微弱な信号を電探として使うようなシチュエーションだと、フロントで増幅するためS/Nが稼げます。
OPT31:ローノイズフロアはMS8609Aのデフォルトオプションのようです。

稼働時間は約1ヶ月と結構短かった。
フライトケースがついていたこと、本体にキズ・汚れがそこそこあることから、おそらく携帯基地局の検査機器として移動運用されていたと推測。

基本測定の確認

低域はどこまで見える?

機器の仕様では9kHz〜となっているが、500Hz程度まではフラットのようだ。

パワーメータ動作確認

MT8801CをSGにして、50MHzにてパワー測定。

MT8801出力(dBm) MS8609A指示値(dBm)
7 6.78
0 -0.34
-10 -10.43
-20 -20.49
-30 -31.19

ケーブルロス0.1dB程度と思われますので、MT-8801との差は0.2dB(5%)程度で仕様範囲内です。

スペアナレベル確認

ここでプリアンプをON。15dBほどSNが稼げた。

RBWを狭めれば-130dBmでも観測できる。

レベル確度は問題なさそう。

RBW

RBWも問題なし。

CFカード

手持ちのCFは認識するものと、しないものが混在していた。
最初ハード(カード)の相性かと思ったが、そうではなかった。

キャノンのデジカメで初期化したCF、認識する。

Disk /dev/sde: 486.8 MiB, 510418944 bytes, 996912 sectors
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x00000000

Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/sde1 * 63 995903 995841 486.3M 6 FAT16

SDフォーマッタで初期化したCF、認識する。

Disk /dev/sde: 486.8 MiB, 510418944 bytes, 996912 sectors
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x00000000

Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/sde1 235 996911 996677 486.7M 6 FAT16

Windowsで領域確保、初期化したCF、認識しない。

Disk /dev/sde: 486.8 MiB, 510418944 bytes, 996912 sectors
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x00000000

Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/sde1 63 996029 995967 486.3M 6 FAT16

SD+PCカードアダプタも動作する。
当然ながら、素のSD(非SDHC,SDXC)でなければダメだ。

SDフォーマッタで初期化したSDカード、認識する。

Disk /dev/sde: 491.2 MiB, 515063808 bytes, 1005984 sectors
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x00000000

Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/sde1 233 1006591 1006359 491.4M 6 FAT16

Windowsで領域確保、初期化したSDカード、認識しない。

Disk /dev/sde: 491.2 MiB, 515063808 bytes, 1005984 sectors
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x00000000

Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/sde1 63 996029 995967 486.3M 6 FAT16

認識するのは512MBまでで、1GBのCFは認識しなかった。

内部確認

特に電解コンデンサの状況を予防調査。

リアパネルを外すと、各ユニットにアクセス可能。

電源ユニット、目視問題なし。

Rbユニット。かなり小さい。

Localユニット、OSコンのみ

IFユニット、OSコンのみ、

SCAN/ADユニット、OSコンのみ

MEAS/DSPユニット、おそらくOSコン

狭帯域スプリアスの意外な原因(2017/10/04)

狭帯域で現れるスプリアスが気になった。
自己基準(リア10MHz)を20dB外部ATT経由で入力。
キャリア最近傍は±60Hzなので、電源の漏れかなーとは思っていた。
電源経由だとLCDバックライトも気になったので、
トレースA(黄):バックライトON、トレースB(青):バックライトOFF
290Hzはバックライトノイズだったのか。

(2017/10/15)
インバータ(65PWB31)のデータシートによると、輝度調整用周波数のようだ。

スパンを変えて、輝度とスプリアスの関係を調べてみる。
トレースA(黄):輝度5、トレースB(青):輝度4 大差なし。

トレースA(黄):輝度5、トレースB(青):輝度3 意外にも暗くするとスプリアスが増えた。(゚?゚;)

トレースA(黄):輝度5、トレースB(青):輝度2 スプリアス激増。(((;゚Д゚))) オイ

トレースA(黄):輝度5、トレースB(青):輝度1 構成が変わった。

うーん。結果から言うと、輝度MAXで使うべきということだが。
出荷時からこうなのだろうか?
インバータのコンデンサをチェックしたほうがいいかもしれないな。


[戻る]

Created: 2016/03/23
Updated: 2017/10/15